Hatena::Grouprecipe

たまごやキッチン

いろんなリストはこちらから。
http://recipe.g.hatena.ne.jp/SSU/19900101

参考書籍はこちらから。
http://recipe.g.hatena.ne.jp/SSU/19900201

2010/12/31 (Fri)

[]おせちメモ続き おせちメモ続き - たまごやキッチン を含むブックマーク はてなブックマーク - おせちメモ続き - たまごやキッチン おせちメモ続き - たまごやキッチン のブックマークコメント

ほんとに作りながらメモしてるので、推敲してません。ミスがあるかも。

後日レシピ見直しつつチェックします。

この色で書いてあるのが、後日の追加・変更点です。

※黒豆、購入品メモと、メニューリストは前日にあります。

※レシピらしくまとまった物はレシピサイトに書いていきます。

※2011.1.1.手直しは現在進行形。


栗きんとん

栗きんとんはみんな大好きでたくさん食べたいので、一般的なものより甘さ控え目。

胸焼けせずにたっぷり食べたいので。


さつまいもマッシュ  正味500g

砂糖  60g(1/2カップ)

甘露煮のシロップ  1/2カップ

みりん  大さじ2

塩  ひとつまみ


栗甘露煮  15~25個


1.さつまいもマッシュを作る

2.砂糖とシロップを入れて弱火で練る

3.ぽってりしてなべ底に筋が入るようになったらみりんを入れかるくまぜ、塩を入れてよく混ぜる

4.栗を入れてよく混ぜ、火を消す


さつまいもマッシュはレンジでもなべでも。

黄色をきれいにしたければ、くちなしの実を入れてなべで煮るといい。

茹でる前準備は、両端は切り落とし、皮を厚くむき、厚めの輪切りにし、水にさらしてあく抜きをする。

レンジで作った場合、2の時に作業しやすい程度に水を足す。カップ半分くらいまででいけそう。

とりあえず味見したら、基本これで良さそうでした。

お正月になって、パクパク食べた時の後味が悪かったり胸焼けしそうだったらもう少し考えよう。


※栗きんとんはこれで決定。


たたきごぼう

あまりあれこれせず、シンプルな味に。

たくさんは食べないから少量だけ作ります。

煮しめとあわせてごぼう1本になるのも丁度いい。


ごぼう  1/2本(100g)

白ごま  大さじ1強(10g

醤油  適量 →ぼそぼそする感じより、とろっとし始める程度入れる


1.ごまを炒り、ざっとすって、醤油を加えてあえやすい固さにしておく

2.ごぼうをよく洗い、叩いて、切って、水にさらして、さっとゆでる

3.熱いうちによくあえる


相棒のお母さんは、(多分叩かず)さっとゆでたごぼうを酢にくぐらせてから醤油にくぐらせてた(その後ごまをまぶす程度にあわせてた気がする)んだけど、地域的なものかな?

もしこどもたちがそっちの方が好みなら、そうしようかな。もっと簡単だし。→ごまのほうがいいということなので、変更は無しに。



※たたきごぼうはこれで決定。


いり鶏風煮しめ

ルクルーゼ使用。そうでない場合は出汁をかぶるくらいまで増やす。

何がいり鶏風かというと、鶏団子ではなくてモモ肉を使うのではじめにそれだけ炒める、味付けの甘みが強い、というところです。

鶏団子は家族にあまり人気無いんだよね。

味も甘辛いのが好きなので。

時間の無い時は、そのまんまいり鶏にしちゃいます。

うーん、いっそのこといつもいり鶏でいいのかという気も…

せかくおせちだから、煮しめ風に作ってみてもいいかなと思ってるんだけど、この先どうしようかなあ。


とりモモ肉  1/2枚

干ししいたけ  4枚

にんじん  中1本

こんにゃく  1枚

たけのこ(水煮)  1個


ごぼう  1/2本

れんこん  1節

八つ頭  2個


出汁+しいたけの戻し汁  1カップ

砂糖   大さじ5

酒   大さじ5

薄口醤油  大さじ4~5 →大さじ5


干ししいたけは前夜から冷蔵庫で戻す。

切り方は一般的に。

後半の具3種は水にさらして下茹でする。

なべを熱し油を引いて鶏肉を表面が白くなるまで炒める。

肉を取り出し、キッチンペーパーで油をふき取り、軽く温めながら出汁と調味料を入れ、大きい物からにんじん以外の具材を入れ、軽くかき混ぜて上ににんじんを散らす。

落し蓋とふたをして中火で沸騰するまで加熱。

沸騰したらふたを取りやわらかくなるまで弱火で10分ほど加熱。

落し蓋を取り、軽くなべをゆすり(無理なら軽くかき混ぜ)煮汁をとばしながら含ませていく。

煮汁がかなり減ったらふたをして味をなじませながら室温で放置。

お重に入れる前(もしくは食べる直前)にもう一度火を通す。


※煮しめはこれで決定。

好みでアレンジする場合、まずは砂糖もしくは醤油の量を大さじ1変えてみると良い。


紅白なます

一般的な甘酢より砂糖控え目のさっぱり味。

なますはこれくらいの方がおいしいと思うんだけどなあ。

一般的な味がよければ、酢は45ml(カップ1/4弱or大さじ3)で。


にんじん  4cm(今回は正味約60gだった)

だいこん  4cm(今回は正味約180gだった)

ゆずの皮  少々


塩 小さじ1


酢  70ml →60mlに

砂糖  大さじ2

塩  ひとつまみ

水  大さじ1


にんじんとだいこんを千切りにし、塩小さじ1をふり軽く混ぜ、レンジ600w50秒。軽くしぼっておく。

調味料全部混ぜ合わせレンジ600w30秒。

ゆずの皮も千切りにし、全部混ぜてしばらく置いてなじませる。

味がなじむとゆずのさっぱり感も加わるので、酢は60mlで良かった。

もちろん、酢が利いている方が好きなら、70mlのほうが合う。


※紅白なますはこれで決定。


ローストビーフ

色々なべ買って、レシピ実験第二段。

rakuten:book:11146121

こちらのレシピで、ソースはマスタード抜きのしょうゆ強めで作りました。

クリスマスの方が肉そのもののレベルが上だったので、それも考慮しながら食べ比べて見なきゃ。

この後はルクエスチームケースとノーマルなオーブンで作る予定。


味がなじんでから食べたら、普通にとても美味しかった。

これは、いろんな方法をマスターしておいて、その時あいている調理器具を使うのがいいと気づきました。

私の感覚では、一番早くできるのは電子レンジ(ルクエ)で、一番気楽にできるのはシャトルシェフと言う印象。


※ローストビーフはその都度作り方を変えることになりそう&オリジナルにすることは無さそうです。

(もしかしたらまだ試していないやり方でアレンジやオリジナルが出てくるかもしれない、と言う可能性がゼロではないけど。)



えびの酒蒸し→旨煮に変更

甲殻類好きの私としては、欠かすことのできないメニュー。

しょうゆ少な目のこちらのレシピでしてみました。

・きょうの料理 有元葉子さんのレシピ

http://www.kyounoryouri.jp/recipe/9746_%E3%81%88%E3%81%B3%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%BE%E7%85%AE.html

材料を引用。

(2人分)

・車えび(小ぶりのもの) 4~6匹

----------

【A】

・だし カップ1+1/2

・酒 大さじ3

・メープルシロップ 大さじ1(またはみりん大さじ2)

・しょうゆ 小さじ1

・塩 小さじ2/3

Aを煮立てた後えびを入れ、色が変わったらアルミホイルと落し蓋をして4~5分弱中火で煮るという簡単レシピ。

煮る時も保存する時も、煮汁に浸かったままにするところがポイント。


えびの量が8尾だったので、調味液は倍くらいにしたら良かったかな。

保存するのに半分くらいしかつからなかった。

どんな味だろう。


なんというかとても丁度良く美味しい味だったので、好みにアレンジする必要性を感じなくなりました。

ということで、

※えびの旨煮はこれで決定。



はー!!!とりあえず作り終わったーーー!!!!

後は(腐敗防止のため)明日食べる時に詰めるから、それぞれに合わせて保存して終了。

さー、どんな感じかなー。

とりあえず、ここでレシピ確立した物もあるから、ぼちぼちとレシピサイトに書いていきます。


それでは皆様、良いお年を。

DiegoDiego2012/04/01 09:11You mean I don't have to pay for expret advice like this anymore?!

トラックバック - http://recipe.g.hatena.ne.jp/SSU/20101231