Hatena::Grouprecipe

たまごやキッチン

いろんなリストはこちらから。
http://recipe.g.hatena.ne.jp/SSU/19900101

参考書籍はこちらから。
http://recipe.g.hatena.ne.jp/SSU/19900201

2013/06/07 (Fri)

[]tukuruでプリン完成 tukuruでプリン完成 - たまごやキッチン を含むブックマーク はてなブックマーク - tukuruでプリン完成 - たまごやキッチン tukuruでプリン完成 - たまごやキッチン のブックマークコメント

tukuruで簡単に作れる電子レンジ加熱のプリンです。

とろけないけど柔らかいプリン自体は甘さ控えめだけど、たっぷりのほろ苦カラメルとよく合う、というわたし好みのプリンが作れたと思います

強いて言えば、たまごをMにして、そのぶん牛乳を増やした方が好みかも。


材料

プリン部分

・卵 1個

砂糖 大さじ1

牛乳 約100ml

バニラエッセンス 数滴



カラメルソース

砂糖 大さじ1

・水 小さじ1

・水または湯 小さじ1


<手順>


前提として、たまごはL、たまご牛乳は使うとき冷蔵庫から出す。

冷蔵庫レンジが隣り合い、その後ろにキッチンの調理台があり、そこに砂糖が常備されている環境で作っています。)

(付け加えれば、砂糖入れの中には大さじが常備されています。)


1.まずカラメルを作る。

砂糖をtukuruに入れ、水で湿らせ、うちのレンジでは500w2分50秒。

砂糖黄色く色づいたころ(2分半くらい)からカラメルのにおいがしだすので、そこからは様子を見ながら20秒くらいができる目安。

程よく焦げたら取り出して揺すり混ぜ、水または湯を入れてのばしさらに混ぜる。

焦げが足りなかったり、のびが悪い時はさらに30秒を目安に加熱。


2.プリン液を作る

200~300ml程度の計量カップと、ミニ泡だて器を使うことを強く勧める。

目分量に自信があれば、カップの代わりにtukuruをもう一個使うのもいいかも。


計量カップにたまごを割りいれてよく溶きほぐす。

ミニ泡だて器で最初は黄身をつぶすようにし、それからひたすらぐるぐる混ぜていくといい感じにほぐれる。

砂糖を入れてよく混ぜる。

牛乳を、液の総量が100ml増えるところまで入れ(だいたい170mlくらい)、さらにぐるぐるよく混ぜる。

バニラエッセンスも入れて混ぜる。


3.茶こしでこしながら、プリン液をtukuruに入れる。

表面に泡が浮いたら、キッチンペーパーで吸わせるように取り除く。

ふたをして150wで6分50秒。

やはり6分半から10秒ごとに確認してしまう。

表面が液状でなくなり、揺すると全体がぷるんとなる頃に取り出して10分置く。


4.アツアツの場合そのままどうぞ。

やす場合、ふたを少しずらして粗熱が取れるまで放置。(20分以上が目安)

その後最低でも1時間半、できれば2時間以上冷蔵庫で冷やすとよりおいしい。


レシピ中には書ききれないいろいろ>


作業自体は簡単というかすごく手軽です。

プリン加熱中に、使った道具を洗ってしまます

が、加熱時間環境前後数十秒は余裕で変わってくると思うので、初めの数回は自分環境での時間を見極めながら、ちょっと面倒だけど早めからの様子見をしながら作っていくのがいいと思います

ちなみに、150w7分までしてしまうと、すが入りまくりでした。

固まってほんとにすぐだと、ほんの少しエッジがとろりとした感じに仕上がります

やすときにはふたの水分を振り落して、きっちりふたして冷やします。

カラメルをのばすときは、飛び跳ね注意!

ぱっと水を入れてさっと手を引く。

茶こしがもうひとつあれば、それを間にかませてやると安心だけど、洗うのがめんどくさそうなのでやってません。

カラメルの加熱時間は、巷のレシピを見ているともっと短いものが多いです。

シリコン使ってるせいかな?


今後気づいたことなどあれば書き足すかもしれませんが、とりあえずこれで出来上がりかな。

トラックバック - http://recipe.g.hatena.ne.jp/SSU/20130607