料理メモ。

2006-03-23

[]菜の花と小女子の混ぜご飯

  1. 小女子は、塩の無いモノか塩の薄いモノを塩抜きして、軽く炒る。
  2. 昆布を下に敷き、米をいれて少し酒を入れて、普通の水量。上に炒った小女子をばらまく。
  3. 普通に炊く。
  4. 炊き上がる前に、菜の花を湯に通し、冷水に入れて色を落ち着かせる。で、適当な大きさに切る。
  5. 炊き上がったら菜の花と胡麻を入れて、かき混ぜる。
  6. しばし、蒸らす。
  7. 薬味として、刻み梅、大葉と生姜、海苔なんかを使うと良いかも。

鮭の酒粕漬け

  1. 前日に、鮭を酒粕に漬け込む。ちょっと酒を入れておく。
  2. 焼く。ウマー。

海老しんじょうの桜あん

  1. ムキ海老の半分を包丁で粗く叩き、残りをフードプロセッサで擂り身に。
  2. 少量の酒、塩、生姜を混ぜて、捏ねる。
  3. とろろを加えて、フードプロセッサで軽く混ぜる。
  4. 出汁の中に落として、適当な大きさに。
  5. 濃いめにとった出汁に、塩漬けの桜の花びらを入れてから、片栗粉を入れて、あんにする。
  6. お椀に飾って、あんかけに。飾りにインゲンとか。

フキノトウの味噌叩き。

  1. フキノトウを刻む。
  2. 名古屋人なら知っているイチビキのチューブ入りの味噌と和える。
  3. アクを抜かなかったから、ちょっとえぐかった。

今回は比較的に簡単だね。つか、混ぜご飯は、かなりウマー。