Hatena::Grouprecipe

空想料理館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2009-12-28「大津まるごとカレー」人気

「大津まるごとカレー」人気

| 15:46 | 「大津まるごとカレー」人気 - 空想料理館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「大津まるごとカレー」人気 - 空想料理館

柿が入っているんですね☆

 サトイモや果物のカキなど、滋賀大津産の素材を使用したレトルトカレー大津まるごとカレー」を、びわ湖大津観光協会大津市)などが開発。今秋から売り出され、新名物として話題を呼んでいる。

 大津の名物といえば、琵琶湖産の魚のつくだ煮などだが、観光客から「メーン料理となる名物はないのか」という問い合わせが寄せられ、JAや地元業者などに協力を呼びかけ、新名物の開発に乗り出した。

 「多くの素材が使えて、年齢を問わず人気のメニュー」をテーマに、近江しゃもやスイカなど地元の食材を使った特製カレーが完成。9月に数量限定で販売したところ、約1カ月で完売したという。その後も問い合わせが相次いだため第2弾を検討した。

 今回は「秋野菜のカレー」を想定し、食材を厳選した。ルーには甘柿やレンゲはちみつをたっぷりと使い、小麦粉の代わりに近江米の米粉でとろみをつけるなど工夫した。

 具はニンジンやコマツナのほか、ふっくらと炊きあげた大豆、大きめにカットしたサトイモを加えた。野菜は採れたてを工場へ運び込むため風味が損なわれず、素材のうまみがしっかりと溶け込んでいる。

 観光協会は「産地にとことんこだわったおかげで、自信をもって大津をPRできる商品ができた」としている。

 1食200グラム入り630円。5千食限定。大津市内のセブンイレブン、土産物店などで販売。問い合わせはびわ湖大津観光協会((電)077・528・2772)。

12月28日15時3分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091228-00000552-san-soci

話のタネにという感じですね。

空想料理館