Hatena::Grouprecipe

空想料理館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2010-03-25焼き菓子なのに半熟!デパ地下でスイーツの“半熟化”が進行中

焼き菓子なのに半熟!デパ地下でスイーツの“半熟化”が進行中

| 06:12 | 焼き菓子なのに半熟!デパ地下でスイーツの“半熟化”が進行中 - 空想料理館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 焼き菓子なのに半熟!デパ地下でスイーツの“半熟化”が進行中 - 空想料理館

トロトロがいいですね☆

最近にわかに注目されている“半熟スイーツ”。とろとろ・なめらかなプリンは、もはや定番だが、最近人気なのは半熟カステラ半熟チーズケーキ。焼き菓子なのに半熟…というミスマッチさがウケて、都内では半熟スイーツを出す店が増加している。

まずは、半熟ブームの火付け役“半熟カステラ”。(窯)ハレノヒの「凹カステラ」は有名だが、チョコレート味の半熟カステラも増えてきている。特に人気なのは、ふんわりした軽さのカステラと濃厚ショコラがたまらない「ラトーナセルフィッシュプリンセス」の「半熟カステラショコラ」(1260円)。フランスチョコレートとブラックココアをブレンドした生地は、外はふんわりカステラ、中はショコラの口どけだ。キャラメルとエスプレッソを隠し味にした、大人でビターな味わいがポイント。

とろとろチーズの風味が特徴の“半熟チーズケーキ”は、店ごとに違った食感が面白い。「ラ・メール・プーラール」の「半熟フロマージュ」(735円)は、まるでプリンのようなクリーミーな味わい。対して、パリパリキャラメルとスフレが新感覚なのは「ティオグラトン熟」の「とろとろスフレケーキ『熟』」(800円)。クリームチーズ・カマンベールチーズ・フロマージュブランの3種のチーズに、美容にいいケフィアを混ぜた、チーズそのままのような半熟感とパリパリ感が楽しめる。

そのほか、おぼろ豆腐のようなチーズ・フロマージュブランに濃厚なブルーベリーソースを入れた“半熟クレームダンジュ”や、クリームのような“半熟プリン”など、あらゆるスイーツの半熟化が進行中だ。

そもそも、日本人は“とろける食感”を好む傾向にあるそう。加えて、食感がクリーミーなので、甘さ控えめでもコクや素材の味がより濃厚に口内に広がるのも人気のポイント。“半熟スイーツ”は、味にうるさい日本人だからこそのブームと言えるのかもしれない。【東京ウォーカー

東京ウォーカー3月24日(水) 10時51分配信 / エンターテインメント - エンタメ総合

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100324-00000004-tkwalk-ent

食べすぎにご用心♪

半熟チーズケーキ

ょーく冷やして食べなぃと形がくずれますが柔らかくて濃厚!!めちゃぅまです♪上にかかってぃるサワークリームの酸味でさっぱりします☆ きっとカロリーゎすごぃかと・・・w

材料 ( 18cm底抜けの型 )

クリームチーズ 400g

卵黄 3個分

砂糖 70g

薄力粉 30g

生クリーム 200ml

●サワークリーム 100g

●粉糖 10g

作り方

1 クリームチーズを室温(又は電子レンジ500wで1分)に戻し柔らかくし、裏漉す。

2 1に卵黄を数回に分け加え、そのつどよく混ぜる。

3 砂糖を2,3回に分け加え混ぜる。

4 生クリームを少し加え生地を緩ませてから残りを少しずつ加える。

5 ふるった薄力粉を加え混ぜる。このとき混ぜすぎないこと。

6 型に流す。生地が固めなのでスケッパーなどで平らにならす。

7 180℃で30~35分焼く。

8 焼いている間に●の材料を混ぜ合わせておく。

9 このくらいの焼き色に焼きあがった7の上に8のサワークリームを乗せる。

※生地が結構緩い為サワークリームが少し沈むが気にしない。

10 再び180℃できれぃな焼き色がつくまで焼く。

(オーブンにより異なるが10分前後)

11 このくらぃの焼き色でOK。静かにオーブンから取り出し、なるべく振動を与えないようにして粗熱を冷まし、そのあと冷蔵庫で1日冷やす。

コツ・ポイント

型には薄くバターを塗り、底にはクッキングシートを敷いておく。サワークリームを乗っける時、結構生地が緩いですが気にしないでぼんっと乗っけてください。広げようとすると生地がぐしゃっとなる恐れがあるのでw 作った翌日からがおいしく食べれますので1日待ってから食べてみて下さい♪

クックパッドより

http://cookpad.com/recipe/334453

空想料理館