Hatena::Grouprecipe

空想料理館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2010-04-24盛岡で岩手「水産加工品」フェア、「海の生ハム」から「ほやめし」ま

盛岡で岩手「水産加工品」フェア、「海の生ハム」から「ほやめし」まで /岩手

| 10:28 | 盛岡で岩手「水産加工品」フェア、「海の生ハム」から「ほやめし」まで /岩手 - 空想料理館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 盛岡で岩手「水産加工品」フェア、「海の生ハム」から「ほやめし」まで /岩手 - 空想料理館

いろいろなものが見られそうですね☆

 盛岡の百貨店「パルクアベニューカワトク」(盛岡市菜園)で4月23日~25日、「岩手県水産加工品コンクール受賞品フェア」が開催されている。(盛岡経済新聞)

 同フェアは、2009年度の同コンクールで受賞した商品を中心に、主に三陸沿岸でとれた海産物加工品の新商品を販売するもの。販売するのは、中村家(釜石市)の「三陸お宝 潮づつみ」(農林水産大臣賞)、浦嶋商店(大船渡市)の「冷薫伝説 海鮮生ハム 秋刀魚」(水産庁長官賞)など11の加工業者らの受賞品や関連商品など。

 そのほか、「ほやめし」(300円)や「さんま寿司」(840円)、「しめさば棒寿司」(500円~)など、今回受賞した商品を活用した弁当類も期間限定で販売している。

 サンマの冷薫商品を開発した浦嶋商店の浦嶋健社長は「三陸の海産物は素材が命。その素材の良さを生かした常温の薫製で、生ハムのような加工品に仕上げた。なかなか県内で販売するチャンスがなかったので、これを機会に試食するなどして味を知ってほしい」話す。「食べ方や調理方法なども提案し、今後はイタリアンレストランなどの料理店に売り込みたい」とも。

 同フェアを企画する県水産振興課主査の石川真姫さんは「アカモクなど、これまで漁業の現場で捨てられていた『低利用資源』に着目し、『お茶漬け』として商品化したものもある。アイデアが詰まった岩手の加工品の良さを知ってもらえれば」とフェア効果に期待を寄せる。

 営業時間は10時~19時。

4月23日20時27分配信 みんなの経済新聞ネットワーク

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000048-minkei-l03

秋刀魚の生ハムって、どんなお味なのかな?

ホヤご飯

材料 ( 4人分 )

米 2合

ホヤ 2-3個

薄口醤油 大匙2

みりん 大匙1

酒 大匙2

■ 青ネギ

作り方

1 お米に調味料を加えて炊く。

2 ほやを殻からだし、洗う。

3 細切りにして、酒少々を振っておく。ご飯が炊けたら、ホヤを加え蒸らす。蒸らし時間がおわったら、刻んだ青ネギを加えよく混ぜる。

コツ・ポイント

青ネギのかわりに、セリなどを加えても美味しい。

クックパッドより

http://cookpad.com/recipe/42437

空想料理館

ふくちゃんふくちゃん2010/04/24 15:34こんにちは♪
先日ご訪問&コメントありがとうございました。
美味しそうなものがたくさんご紹介されていて、食いしん坊の私は見ているだけでお腹がすいてきました。