Hatena::Grouprecipe

空想料理館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2010-05-05葉酸・ビタミンB12投与、アルツハイマー改善

葉酸・ビタミンB12投与、アルツハイマー改善

| 11:23 | 葉酸・ビタミンB12投与、アルツハイマー改善 - 空想料理館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 葉酸・ビタミンB12投与、アルツハイマー改善 - 空想料理館

きちんとした食事から予防していきたいですね!

 軽症期のアルツハイマー病患者にビタミンB群の一種の葉酸ビタミンB12を投与すると症状が改善することを、見立病院(福岡県田川市)の佐藤能啓(よしひろ)副院長(神経内科)が実証した。

 葉酸とビタミンB12が、アルツハイマー病の危険因子とされるホモシスチン(必須アミノ酸の老廃物)の血中濃度を下げることは従来の研究で明らかになっているが、患者の集団に投与して証明したのは初めて。

 佐藤副院長は、同病院の軽症期の患者を〈1〉葉酸を1日1錠投与する第1群(90人)〈2〉1日に葉酸1錠とビタミンB12を3錠投与する第2群(92人)〈3〉アルツハイマー病の薬として国内で唯一使われている「アリセプト」を投与する第3群(40人)――に分け、2005年から1年間観察。重症度を示すミニメンタルテスト(30点満点で、値が低いほど重症)で効果を調べた。

 この結果、観察前は第1~3群とも平均20点だったが、1年後には、第1群は23点に、第2群は25点に改善。一方、第3群は18点に悪化していた。また、第1、2群はホモシスチンの血中濃度も下がっていた。

 さらに、第1群より第2群の方が改善していたことから、葉酸とビタミンB12を併用した方がより効果が大きいことも分かった。

 ただ、佐藤副院長が別に行った調査では、中等症期以上の患者に葉酸やビタミンB12を投与しても改善しなかったことから、発病早期にのみ有効とみられる。

 佐藤副院長は「根本療法にはならないが、病気の進行を遅らせるアリセプトしかない現状からみると、今回の知見は患者にとって朗報といえる。アルツハイマー病が疑われたら早めに受診してほしい」と呼び掛けている。(大野亮二)

5月3日15時21分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100503-00000373-yom-sci

葉酸というビタミンは馴染みがないので調べてみると、レバーや豆の他、ほうれん草などに多く含まれているようです。B12の方は、しじみを中心とした貝類の他、レバーやのりなどに豊富に含まれているようです。

葉酸とビタミンB12を多く含む食材を使ったレシピをチェックしてみました。

鶏レバーエンドウ豆スープ「イタリア料理」

豊かなとても美味しいイタリアンのスープです。

材料 ( 4-6人分 )

にんにく 3個

鶏レバー 500g

胡椒 小さじ1/2

塩 小さじ1/2

水 2-3リットル

インスタント野菜スープ 大さじ2ぐらい

パスタ 100gぐらい

缶詰のエンドウ豆 400gぐらい

作り方

1 最初にレバーをよく洗って一口のサイズに切ります。お好みのパスタを選んで下さい。

2 にんにくをみじん切りにしてフライパン中火で1分くらい炒めます。レバーを入れた後に胡椒で味を付けて弱火で5-10分ぐらい炒めます。最後で少し塩で味を付けます。

3 鍋で水を温めてインスタント・スープとパスタを入れます。パスタのゆで時間が10分ぐらいだったら、エンドウ豆は5分後に入れます。パスタが出来上がったら、レバーをスープに入れて少し混ぜて出来上がります。

コツ・ポイント

缶詰のエンドウ豆は温めるだけで十分です。新鮮なエンドウ豆なら、パスタを入れる前にスープに入れて下さい。

クックパッドより

http://cookpad.com/recipe/582434

レバーはどちらの栄養素も豊富に含んでいるので積極的に摂りたいものです。

上記にシジミやブロッコリーなどを入れてあげるとさらにおいしく効果的になるでしょうね。

空想料理館