Hatena::Grouprecipe

空想料理館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2010-05-23イタリアンシェフもこっそり買いに来る「生パスタ」

気仙沼の「ホルモン店」、魚の街になぜ多い?

| 16:12 | 気仙沼の「ホルモン店」、魚の街になぜ多い? - 空想料理館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 気仙沼の「ホルモン店」、魚の街になぜ多い? - 空想料理館

なんか食べたくなってきた!

 全国有数の遠洋漁船基地、宮城県の気仙沼。街には新鮮な魚を出すすし屋や料理屋が並ぶが、「ホルモン」ののれんを掲げた店も目立つ。

 漁業の街に、なぜホルモン焼き屋が多いのだろうか。

 市内には、豚の内臓をみそニンニクで味つけし、七輪で焼く「気仙沼ホルモン」の店が15店ある。1958年開業で、現在、市内で最も老舗の「小浜」(気仙沼市南町)の堀尾昭治さん(68)に聞くと、「長い漁を終えた漁船員が、最初に陸で食べたいのは肉。それも安くてたくさん食べられるホルモンだ」と解説してくれた。

ホテル・旅館ランキング(東北/宮城)

 堀尾さんによると、気仙沼ホルモンの先駆けは、1955年頃に南町で開業した「助六」という店。店主の男性は韓国人の知人からホルモン焼きを教わり、客の漁船員たちに出したところ、大好評を得たという。その話は小さな街にほどなく広がり、ホルモン店は70年ごろまでに約10店まで増えた。助六は約15年前に廃業し、その後に店主も亡くなったが、気仙沼ホルモンはすっかり定着し、観光ガイドブックにも登場するようになった。

 では、なぜ気仙沼なのか。青森県の八戸、岩手県の大船渡、静岡県の焼津など、他の漁船員の街にホルモン店はそれほどない。気仙沼独特の食文化らしく、気仙沼観光コンベンション協会の熊谷俊輔さん(33)は「漁船員の数が多かったため、ホルモン店の商売が成り立ったのだろう」とみる。気仙沼港は70年前後のピーク時、約400隻のマグロ漁船が所属し、約8000人の漁船員が街にあふれていたのだ。

 ところで、気仙沼ホルモンの付け合わせは、千切りキャベツが定番だ。この取り合わせに理由はあるのか。

 堀尾さんによると、助六では当初、ホルモンだけを出していたが、漁船員から「野菜を食べたい」と要望を受けてキャベツを出すようになった。とろっとしたホルモンと、シャキシャキしたキャベツの食感が合うと思ったという。

 宮城大食産業学部の西川正純教授(栄養学)も「ホルモンには美容に良いコラーゲンが含まれるが、ビタミンCと一緒に摂取しないと体内で吸収されない。キャベツとは合理的な組み合わせ」と薦めている。

 今や「B級グルメ」として定着しつつある気仙沼ホルモン。仙台や東京にも店が出来、漁船員が愛した味は各地に広がりを見せている。(小野健太郎)

5月23日14時35分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100523-00000442-yom-soci

家庭でもお手軽に食べられるレシピをチェックしてみました☆

シロコロホルモン味噌仕立て

ホルモンは、豚のシロ(大腸)が旨み・甘みがあって美味しいですよ。しかも、シロコロなら油の旨みが逃げずに美味しいです。

材料 ( 2人分 )

シロコロホルモン(なければ生ホルモン)300g

味噌 大さじ1

しょうゆ 大さじ1

みりん 大さじ1

砂糖 小さじ2

豆板醤 小さじ1

おろしにんにく 小さじ1/2

おろししょうが 小さじ1/2

ごま油 少々

一味唐辛子 少々

作り方

1 味噌、しょうゆ、みりん、砂糖、豆板醤、おろしにんにく、おろししょうが、ごま油、一味唐辛子を良く混ぜる。

2 ホルモンは生ホルモンを用意しましょう。豚、しかもシロコロが手に入れば最高ですね。

3 1で作ったタレにホルモンをよく揉みこみます。3時間以上おいておきましょう。

4 炭火で焼ければ最高ですが、家庭ではフライパンで十分です。水分が飛んで、ホルモンに焦げ目がつけば出来上がりです。

コツ・ポイント

シロコロはなかなか手に入らないと思いますが、最近は流行ですので探してみてください。

クックパッドより

http://cookpad.com/recipe/1046441

空想料理館