Hatena::Grouprecipe

空想料理館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2011-06-28豚の背骨でカムジャタン(韓国風ジャガイモ鍋)

豚の背骨でカムジャタン(韓国風ジャガイモ鍋)

| 21:57 | 豚の背骨でカムジャタン(韓国風ジャガイモ鍋) - 空想料理館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 豚の背骨でカムジャタン(韓国風ジャガイモ鍋) - 空想料理館

真夏に汗をダラダラ流しながら食べるのも健康的ですねw

『黄牛(ファンソ)』オーナーが「日本一」と自賛するのも頷けるカムジャタン定食

夏の暑さを乗り切るために、汗をいっぱいかきながら食べたいのが韓国料理! ……というわけでグルメ雑誌『アリガット』誌の元編集長・小川フミオ氏がセレクトした『黄牛(ファンソ)』(東京・麻布十番)の「カムジャタン定食」を紹介します!

* * *

肉+鍋の料理は、いうまでもなくうまい。そのバリエーションの多さは、韓国はすばらしく豊かだ。たとえば、ここで紹介するカムジャタン。肉と野菜と香辛料を、とても上手に使っている。近年日本でも人気がどんどん上がっているのもうなずける。

簡単にいうと、豚の背骨ジャガイモを、野菜と香辛料とともに煮込んだもの。骨のまわりの肉をスプーンで削いで、スープと一緒に食べる。ジャガイモ(カムジャ)のやわらかな甘さがよく合う。最後はご飯を投入するのもいい。

数あるカムジャタンの中でもピカイチなのが、麻布十番の『黄牛』のものだ。

下処理を丁寧にした豚の背骨、それに韓国から持ってくるシレギ(乾燥させた大根の葉)エゴマが特徴。唐辛子も、辛さと甘さで最高級とされるチョンヤン地方のものを使う。「うちのカムジャタン日本一」とオーナーのユーヒさんが胸を張るのもわかる。

元気が湧いてくる料理。暑さを乗り切るのに、韓国のパワーをもらおうではないか。

■『黄牛(ファンソ)』の「カムジャタン定食」1200円

【住所】東京都港区麻布十番2-12-10

【営業時間】11時半~23時半(LO)、ランチは11時半~17時

【定休日】無休(年末年始を除く)

【カード】可(ただし1000円から)

東京でも本場の料理が食べたい、と韓国人オーナーが2008年にオープン。黄牛とは韓国をはじめ、中国東南アジアで飼育されている牛。奉仕のシンボルなのだとか。カムジャタンは、夜は大きな鍋で食べることもできる(2~3人前で3500円)。夏には、フルーツなども使う韓国風のかき氷も提供される予定。これも暑いときにうまい。

NEWS ポストセブン 6月27日(月)16時5分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110627-00000010-pseven-soci

早速自作レシピをチェックしてみましたが、日本国内では豚の背骨は、本来、捨てる部分であるためお肉屋さんに頼まなければ入手は難しいのと、手に入っても肉がほとんど付いていないものになるらしいので、スペアリブで代用するのがおいしく食べる秘訣のようです。

スペアリブのカムジャタン

背骨を使うのが本式ですがスペアリブでも美味~♪食材もお家にあるもので出きちゃいます!

ホクホクジャガイモがこれまた♡

材料 ( 2人分)
  • 豚スペアリブ 300g
  • ジャガイモ 4個(約400g)
  • 長ネギ 1本
  • 酒 大さじ2
  • 塩・コショウ 適量
  • 水 4カップ
  • にんにく 1片
  • しょうが 1片
  • 砂糖 大さじ2
  • A・コチュジャン 大さじ3
  • A・しょう油 大さじ2
  • A・みりん 大さじ1
  • B・味噌 大さじ1
  • B・ごま油 小さじ1
  • B・すりおろしにんにく 小さじ1
作り方

1.スペアリブは骨と肉の間にフォークなどで穴を開けて酒を振り、塩・コショウで下味をつける。

2.にんにくはつぶして芯を除き、しょうがは皮付きのままスライスする。

3.鍋を熱し①のスペアリブを入れ、全面軽く色がつくまで焼き、水、にんにく、しょうがを加え加熱する。

4.沸騰したら砂糖を加え、灰汁を取り除きながら、2時間以上コトコトと煮込む。

5.スペアリブが十分やわらかくなったら、余分な脂を除き、Aと斜め切りにした長ネギ(白い部分)を加えて煮る。

6.ジャガイモを皮をつけたまま蒸し器or電子レンジですっと串が通るまで蒸し、皮をむき、⑤の鍋に加え10分程度煮る。

7.全体に味が回ったら、Bを加え、砂糖(分量外)で味を調え、小口切りにしたねぎ(青い部分)を散らせば出来上がり!

8.ホクホクのジャガイモをスプーンで崩して、スープにつけながら熱々をいただきます♪

9.〆はやっぱりおじや~♪卵を溶き入れ、韓国海苔とねぎを加えて頂いちゃいましょう!

コツ・ポイント

お使いのコチュジャンによって甘みが変わってきますので、砂糖で調節してください.

また、個人的にジャガイモ男爵系がお勧めです!でも、男爵系は煮崩れしやすいので、要注意!蒸し上げてから煮絡めるぐらいが美味しいです!

クックパッドより

http://cookpad.com/recipe/1350617

本場風に豚の背骨が手に入った場合には、水に漬けて3時間血抜きをしたうえで下茹ですることによって、臭みなどが抜けるようです。豚の背骨は日本では破棄するところなので、1kg程度で150~300円程度で入手できるようです。

(但し、肉がほとんどついていない。)

夏場は粉末唐辛子を投入して、積極的に汗をかきたいですね☆

空想料理館