Hatena::Grouprecipe

空想料理館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2012-09-08ひもとうがらしの塩焼き

ひもとうがらしの塩焼き

| 20:41 | ひもとうがらしの塩焼き - 空想料理館 を含むブックマーク はてなブックマーク - ひもとうがらしの塩焼き - 空想料理館

本日、韓国とうがらしとひもとうがらしの2回目の収穫をしました。(ベランダですがw)

ひもとうがらし (唐辛子の種) 1ml

韓国とうがらしは予想以上に収穫できたので、残りの乾燥こうじ100gで三升漬けを追加で作ってみようかと思います。

ひもとうがらしの方は、前回、獅子唐と共に煮びたしにしてみたところ、全く辛味がなくて物足りなかったため、別のレシピをチェックしてみました。

ひもとうがらしの塩焼き

ひもとうがらしを塩を振ってグリルで軽くあぶって食べる方法です。

材料
  • ひもとうがらし 1つかみ
  • 塩 小さじ1/4
作り方
  1. 軽く水洗いして、小さじ1/4くらいの塩で軽くもんで、グリル(魚焼くグリルでOK)に入れてください。
  2. 3~5分加熱して、端っこがちょっと焦げてきて、唐辛子のいい香りが漂ってきたらできあがりです。

※焼きすぎると、風味が無くなってしまいますのでご注意を。

プルミエファームより

http://p-farm.jp/html/page7.html

ウチのベランダのヤツは、香りこそ、トウガラシのさわやかさな風味が感じられるものの、辛味は全くなく、エンドウ豆のお浸しのような感じでした。次回収穫ができる場合には、コチュジャンやニンニクなどで辛味を加えて炒めものにしてみようかと思います。

ちなみに先週仕込んだ三升漬けの方ですが、とうがらしはグリーンを保っているものの、醤油にはしっかり漬かっており、一膳メシの上にティースプーン1杯程度を載せて丁度いい感じでした。

ひと月くらいすると、全体的に醤油色に漬かって、味もなじんでくることかと思われます。

空想料理館