Hatena::Grouprecipe

空想料理館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2013-04-27タケノコ掘りにセカンドトライ!

タケノコ掘りにセカンドトライ!

| 18:36 | タケノコ掘りにセカンドトライ! - 空想料理館 を含むブックマーク はてなブックマーク - タケノコ掘りにセカンドトライ! - 空想料理館

前回のタケノコ掘りの後、折りたたみ式スコップが入手できたので、早速、タケノコ掘りのセカンドトライをしてきました。

と言っても、雑木林の中で落ち葉や下草を掻き分けて、うまい具合に顔を出しているタケノコを見つけるのは至難の業と断念し、30~40cm地上に顔を出している“伸びすぎた”タケノコを掘ってみることにしました。

f:id:kawanoasobi:20130427183504j:image

(後ろに写っているのは、高さ30cmのコナラの短木)

スコップの使用感ですが、しっかりと回して固定していないとグラグラして使いずらく、おそらく中国製ということで一部の部品が錆びたりしています(新品ということだったんですが、、、)が、100均スコップよりはましな印象でした。

今回のタケノコも途中でクルンと曲がっているようで、根元ギリギリまで掘り進めるのが難しく、適当なところにスコップを刺して切り上げましたw

しかし、いざ料理ということになると、長すぎるので鍋に入らなさそうであることもあり、少々、躊躇するところもあったため、事前にネットサーフィンをしてみることにしました。

すると、

「穂先タケノコ」というものを知ることができました☆

これは香川県がおすすめしている方法で、2m程度に伸びたタケノコの穂先は、通常のタケノコよりもアクが少なくて食べやすいというものでした。

f:id:kawanoasobi:20130427183406j:image

これですとスコップで掘らずとも伸びているタケノコの穂先をノコギリで切り倒せばいいので、探すのも、入手も簡単、不要な竹が伸びるのを防止できると、一石三鳥コースな手法です☆

明日は「穂先タケノコ」をゲットしに行ってきます!

「穂先タケノコ」ならば、その形状からして「メンマ」が良さそうな感じがします☆

空想料理館