Hatena::Grouprecipe

空想料理館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2015-05-17ぬか床を作ってみる!

ぬか床を作ってみる!

| 14:21 | ぬか床を作ってみる! - 空想料理館 を含むブックマーク はてなブックマーク - ぬか床を作ってみる! - 空想料理館

タケノコシーズンがほぼ終わり、下茹で用にキープしていた米糠が気になってきた今日この頃。コイン精米所からもらってきたものなので、そのまま捨ててもいいワケですが、栄養豊富な米糠を使わない手はないなと思った次第。

春先の低温障害で軒並み野菜類が高騰しているワケですが、当方のぬか漬け経験からイチオシのニンジンが比較的低価格で売られていることもあって、ぬか床を用意することにしてみました☆

ぬか床の作り方〜(^○^) ぬか漬け

うちは、毎年初夏にぬか床を作り、野菜が高価になる冬に処分します。毎年新鮮♪

材料(1杯分)
  • 米ぬか 1キロ
  • 出し昆布 10cm
  • 鷹の爪の輪切り 大さじ1
  • 塩 300gくらい
  • 水 1L〜2L
  • キャベツの捨てるとこ 2〜3枚
作り方
  1. 出し昆布を細かくきる。
  2. 容器にぬか、昆布、鷹の爪、塩を交互にいれ、水を少しずつ入れて、耳たぶくらいになるまで繰り返す。
  3. キャベツの葉を外に出ないように埋めて、ぬかでフタをする感じにきれいにペタペタする。
  4. 毎日、朝夕でよくかき混ぜて、空気を入れる。
  5. 水が上がって来たらスポンジで吸わせて捨てる。
  6. 何回か、キャベツを交換し、3日くらいで塩がこなれてきたら本漬けしてみましょう!
  7. ぬかをよく混ぜてからキュウリやナスを漬け、上をきれいにペタペタしてふたをする。朝入れれば夕飯に食べられますよ(^○^)
  8. キュウリは塩をすりこんでから入れる。
  9. なすは、ヘタはつけたまま、ヘタのすぐ下から縦半分に切り、塩とミョウバンを全面にすり込み漬ける。
  10. 他に、大根、にんじん、ズッキーニ、ゴーヤ、かぶ、キャベツなどお好みで漬けてみてください。
  11. おすすめは、大根の葉っぱ♡細かく切ってごはんにかけて食べるとカリカリサクサクサイコーです♡
コツ・ポイント

なるべく毎日かき混ぜて!2日忘れてしまうと上の方がカビてしまいます(≧∇≦)カビてしまったら、上の部分をそーっとすくい取り捨てればそのまま継続出来ます!今年何回捨てたか…ぬかの入手はお米屋さんで1キロ20円くらいで譲ってくれます(^○^)

クックパッドより

http://cookpad.com/recipe/2739899

まず、ぬか漬けを漬ける容器ですが、自分は100均で売られているパン保存用のタッパー4Lを愛用しています。去年のぬか床を廃棄し、新たに米糠を満タンにしてみました☆

基本的には、ぬか床は米糠に水と塩を加えてまぜればOKなだけですが、切り昆布や鷹の爪も入れると風味が増すようです。分量は適当ですが、良く混ぜたうえで半日ひなたに放置し、そこへ捨て漬け用の野菜を何度か出し入れしてやると野菜に付着している菌類がぬか床で培養されていい感じになるというのが理屈のようです。

キャベツで捨て漬けにすると記載されていますが、キャベツが異様に高いので、ニンジンを4つ割りにして、粛々と漬けていきます♪

菌が回って漬物らしくなるのもいいですが、米糠状態のときの香ばしさもまた一興ということで、焦らずに米糠塩漬けニンジンの味を楽しんでみるのがおすすめです☆

空想料理館