Hatena::Grouprecipe

空想料理館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2011-04-16ハバネロから手作りラー油(準備編)

ハバネロから手作りラー油(準備編)

| 22:00 | ハバネロから手作りラー油(準備編) - 空想料理館 を含むブックマーク はてなブックマーク - ハバネロから手作りラー油(準備編) - 空想料理館

先日、魚柄仁之助さんのラー油はラー油でも生辣油の本という本を読んで、ラー油の自作をしてみたいと思い、唐辛子やらごま油やらをチェックしていたところ、唐辛子を育てるところからやってみようかなあと思った次第。

魚柄さんの本によれば、辛味の強い唐辛子のパウダーとぶつ切りをブレンドすると比較的短時間に生ラー油ができると書いてあったため、暴君ハバネロでやってみようかなと。

楽天ハバネロをチェックしてみたところ、種や苗が検索結果に出てきたため、種から育ててみようと思い至った次第。

結果、520円+送料80円で約100粒の種を購入しました。

オレンジ色のハバネロより辛い!超激辛唐辛子!フタバ種苗トウガラシ ハバネロ レッドの種

続いて園芸店で鉢や砂などをチェックしてみると、ジフィーセブンという土と肥料を押し固めたものを発見。

これは水をかけてしばらく置いておくと、上下に膨らむので、中心部分に種や苗を入れておくだけで手間無しラクチン植木鉢代わりになるという画期的な代物のようなので、早速購入した次第。

準備万端整えたつもり!?で、ハバネロの栽培方法をチェックしてみると、発芽適温は25度以上らしく、関東地方であれば、5月下旬に種まきをするのが良い模様。

発芽までには2週間程度かかり、実が熟すのが11月頃になるという、何ともロングランな植物であることが判明。

しかも、まめに液肥をやったり、アブラムシが付きやすいので薬剤をかけたりと、意外と手間もかかる模様。

ハバネロ自体も唐辛子と異なり、乾燥させてもカリカリに乾燥せず、湿った状態のままらしいので、中身がカビてしまわないように注意が必要であったりと結構面倒な感じです。

まあネガティブなところをツラツラと書いてしまいましたが、乗りかかった船であるため、できるだけ成功するように面倒を見て行こうかと思っていますw

かなり先が長そうなので、ロングランな成長記録を残すことになりそうです。

そういうわけで、第一回目は準備編という感じになりましたw

種まきに最適な季節である5月下旬までは、まだまだ1ヶ月以上もありますが、100粒くらい入っているようなので、ボチボチ来週から第一陣にトライしてみようかと思います。

なお、今回購入した種は100粒も入っているようですが、全部は育てられないと思いますので、ご希望の方はご連絡いただけましたら、送料のみで差し上げようと思います。(振込み手数料がかからないような仕組みがあればいいんですが。切手を貼らないで出せば受取人払いになるのかな?)

自分用に5粒+予備5粒の計10粒あれば十分すぎると思いますので、残り90粒を5粒づつご提供します。→MAX18名というところですね。

また、ハバネロ・レッド以外の種と交換トレード希望の方も大歓迎です☆

※ご希望の方は、revir_waka@livedoor.comまでご連絡ください。

ハバネロ生育状況レポート

空想料理館

ゲスト



トラックバック - http://recipe.g.hatena.ne.jp/kawanoasobi/20110416