Hatena::Grouprecipe

空想料理館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2011-08-19ハバネロにアブラムシが!

ハバネロにアブラムシが!

| 07:09 | ハバネロにアブラムシが! - 空想料理館 を含むブックマーク はてなブックマーク - ハバネロにアブラムシが! - 空想料理館

今朝、ハバネロに水をやろうとしたところ、かなり多くのアブラムシがついていることに気づきました。

前日まではこれほど酷くは無かった気がしますが、、、

早速ネットでアブラムシ情報をチェックしてみると、

  • 雨が少ない時期に発生する

これに対して対処方法は、

  1. 天敵(テントウムシ)を捕まえてきて、アブラムシ駆除させる
  2. 薬品もしくは木酢液、牛乳などを散布する
  3. 毛筆などを使って地道に取り除く
  4. アブラムシ除けに背の高い植物を近くに植える

などの方法があるようです。

各対処法には、「ウチのところ事情」から望ましくない部分もあり、

1はテントウムシを探して捕ってくるのが困難であり、4も場所がないことと、すでにハバネロに多数付いていることからあまり意味がなく、2と3の方法のうち、一部を併用するなどといった選択するのが望ましいと思われます。

当座、気になるところだけ、耳掻きの綿でこそげ落としましたが、1株分だけで15分くらい費やしてしまいました。

そのため、薬品もしくは木酢液または牛乳を散布する方法を検討することにしましたが、「牛乳」はあまり効果が期待できないどころか、牛乳が腐ると悪臭を放つことから、望ましい方法ではない模様。薬品の場合は実の中に取り込まれると毒なのであまり望ましくないこと。そのため最後に残った「木酢液」の散布の効用をもう少し調査したうえで実行しようと思っています。

ところが恵みの雨が降ってきたことによりアブラムシは綺麗に流れ落ちております。

また、ここ数日、雨模様の天気予報がでているため、しばらくはアブラムシは除けておけそうです。

生育状況ですが、実をつけたのは計3株で、すでにすべての株につき最初の実もしくは2番目までは取り除く処理をしてあります。

残り4株目も背丈はほぼ追いついてきた感がありますので、順調に生育することが予想されます。

ただ、最後の1株は虫により上の1,2枚の葉が丸まってしまったようでしたので、問題の生じた葉を取り除いていますが、全体的に他の株並みまで成長するには、もう2週間程度はかかりそうな感じです。

ハバネロは一定レベルの背丈まで育つのは非常にスローですが、一定レベル以降は急速に成長する感じですので、閾値さえ越せば、最後の1株もグングン育つような気がしています。

ちなみに、順調に生育している4鉢は総じて、高さ80cmくらい、幅60cmくらいまで成長しています。

今後も枝葉が鹿の角のように2又に分かれながら成長していく特性があるようですので、まだまだ伸びていく可能性はあろうかと推測しています。

続報

木酢液アブラムシに対して直接噴射した経験のある方(キヌサヤ栽培)のブログをチェックしてみたところ、アブラムシに対して木酢液は全く効果がなく元気ピンピンであったため、自家製の特効薬(水、食用油、中性洗剤(界面活性剤入り)の混合液)の噴射が効果的であるとの記述を見ましたが、植物にも毒でありそうなので、少し躊躇しています。

空想料理館

ゲスト



トラックバック - http://recipe.g.hatena.ne.jp/kawanoasobi/20110819