Hatena::Grouprecipe

空想料理館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2011-09-17ハバネロ生育状況レポート

ハバネロ生育状況レポート

| 06:06 | ハバネロ生育状況レポート - 空想料理館 を含むブックマーク はてなブックマーク - ハバネロ生育状況レポート - 空想料理館

前回のレポートから6日ほど経過しましたが、ようやく赤く色づいた実が出てきました。(当方のものはレッドサビナ種ですので、一般的なハバネロとは異なり、オレンジ色ではなく赤く色づきます。)

f:id:kawanoasobi:20110917055540j:image

赤く色づいた実ですが、最も早く5月下旬にタネを撒いた1番株の実ですが、日当たりのいい所につけた実になります。大きさから言うと、他の実の中にもっと大きく育っているものがあるわけですが、大きさよりも成熟するのがフロントランナーな実といえます。

前日の朝の時点では、変色していなかったはずですので、わずか1日での変色は変わり身の早さを感じますw

また、直射日光の有無が変色するしないに大きな影響を与えているとするならば、先に実をつけて大きくなっている実は、このままずっと黄緑色のままなのか?といった疑問も生じます。

日当たりを良くするために葉を落とすべきか迷うところです。ただ、光合成は葉から行なうものだと認識していますので、赤く色づかせるために葉を落としてしまうとうまくない気がします。しばらく経過観察といったところでしょうか?

ハバネロの実はトマトのような丸っこい形をしているのが一般的のようですが、当方の3番株につける実だけ、先端がとがったキョンキョン(小泉今日子)のアゴのような形というか、山田邦子の顔のような形をしていますw

3番株だけ別の種類というには「乖離」が大きくないとは思うものの、個性としては面白いものですw

この数日、夏日が続いているせいか、今まで実をほとんどつけていなかった上のエリアにもボチボチ実をつけ始めており、残っていたツボミがすべてなくなった1番株にも、新たな枝葉とともに蕾が付き始めているところです。

f:id:kawanoasobi:20110911084527g:image

それと生育途上であった5番株にも蕾が付き始めてきましたので、前回予想した最終収穫量である100個よりも増加する可能性がでてきました。

とはいえ、来週からは雨マークの日が続くようですので、せっかくつけている蕾も花が咲いたあとにはすべて枯れ落ちてしまうなんていうことも可能性としては考えられます。

なんとか来週も晴れ間が顔を覗かせ、栄養分を与えてくれることを期待するところです。

空想料理館

ゲスト