phaのレシピ このページをアンテナに追加 RSSフィード

  俺が献立を考えるときに見るためのページです。
  レシピグループへの参加はこちらからどうぞ。どなたでも歓迎です。

2006-04-07

[]いろいろと参考に 22:07 いろいろと参考に - phaのレシピ を含むブックマーク

 ひさしぶりにちょっと料理してみたい感じがしたのだけどひさしぶりすぎて頭の中の料理回路が死んでいて何をどう買ってきたり作ったりしていいのかわからない。初心に戻って*1殊能将之先生日記を写してみるよ。


2006年3月後半より

 昼食は牛肉アスパラガスの洋風まかない炒め。

 中華鍋を熱してオリーヴオイルをしき、斜めに切ったアスパラガスタマネギ細切りを炒め、塩コショウして、取りだす。牛もも切り落としを炒め、アスパラガスタマネギを加えて、赤ワイン蜂蜜バルサミコ酢+鶏ガラスープの素+お湯少々で味つけ。合わせ調味料は多めで、少し煮る感じ。食後にダージリン(Hediard)。

 ほとんどアドリブでつくったら、けっこううまかった。「甘み+酸味+うまみ=美味」の方程式ですな。

2006年4月前半より

 夕食は豚肉と大根トマト煮。

 鍋を熱してオリーヴオイルをしき、乾燥バジル乾燥ローズマリー、粉末コリアンダーを入れて、タマネギみじん切り、大根賽の目切り、皮をむいてつぶしたトマトを順次炒める。フライパンで炒めて焼き色をつけた豚もも肉カレー用、洗った金レンズ豆を加え、水を足し、コンソメで軽く下味をつけて、2時間ほど煮込む。仕上げに塩コショウで調味。

 ま、定番メニューですな。タマネギとレンズ豆がとろみと化して、おいしいよ。チーズとも合うから、最後に入れりゃよかったな。これも何度か温めなおして食べる予定。

 夕食は我流筑前煮

 斜めに切ったちくわ、湯通ししたニンジン大根賽の目切り、シイタケ細切り、朝から吸水させて下ゆでした大豆、手でちぎったコンニャクをかつお昆布だし+日本酒+しょうゆ+ショウガ薄切りで煮ただけ。筑前煮は濃い味のほうがうまいので、しょうゆは多めにした。

 味見がてら、ひと椀食べて、あとは味がしみこんでからゆっくりと。



 3回に分けて温めなおしつつ、筑前煮を完食。次第につゆがしみてきて、味が変わる。これが和風煮物の醍醐味だな。

 夕食はレンダン。

 牛もも肉カレー用、タマネギざく切り、ニンジン乱切り、ブナピーを自らじっくり煮て、途中でIndofoodのレンダンの素を投入。水の量が多すぎたらしく、味見したら薄かったから、コンソメを少し足して、またじっくり煮る。仕上げにココナッツミルクで辛さを中和。グラハム食パンをそえて、いただく。

 おっと、市販のポテトサラダをつけ合わせにするのを忘れてたよ。半分残ってるから、あとでそえるか。

 アドリブでこういう感じで流して作っていければいいなー。

*1料理はじめたてのころかなり参考にした

トラックバック - http://recipe.g.hatena.ne.jp/pha/20060407

a. b. d. r. q.

recipe. poetic. fragments. downer. pha.

mixi bloc Last.fm home