とんのアイアンレシピ。

2005-07-05とんのとんかつ。

[]とんかつ、それは愛。

小学生のころから『とん』の愛称を持つ僕だが、別に豚の様に太っているからそう呼ばれるのではない。

実はとんかつが大好きで毎日の様にとんかつとんかつと叫び続けたらいつの間にか『とん』と呼ばれるようになったのである。

というのは軽いジョークで、ただ名前の『ともや』から『とん』くんと呼ばれる様になったのである。何故、『とん』なのかはよく分からんが、同様に『かずみ』という子が『かん』ちゃんと呼ばれていたので、そんなニュアンスなのだろう。

で、とんかつとんかつは好きな食べ物だけど、昔から全部食べると油で気分が悪くなって仕方がなかったりする。好きだけど、沢山食べれない。なんて愛しい食べ物なんだろうか。

[]迅速にして、簡単。

まぁ、高級な日本料理の店では知らんが、実際、家庭でのとんかつは非常に簡単に作れる料理だろう。

先ず、小麦粉を塗りこむ。次に、溶いた卵につける。最後にパン粉をつける。

そして後は油で揚げるだけである。なんてお手軽なんだろうか。まぁ、揚げ加減とかしっかりしないと、硬すぎたり(ありがち)、柔らかすぎたりするかもしれないけど。

f:id:tomoya:20050705193503:image:w350

そんなわけで出来上がり。熱いうちに召し上がれ。

[]美味いけど、やっぱり最後は気分悪い。

食べ方は、僕はソースで。昔はソースを上からどぼっとかけていたけど、最近は小皿にソースを入れて、それに付けて食べています。そっちの方が衣がサックリ食べれるのです。

ただ、やっぱり最後の方は油で気分が悪くなったけど、やっぱりとんかつは美味しかった。

2005-07-01俺らーめん。

[]日本人らーめん

小池さんを代表として、日本人らーめんが大好きである。らーめん激戦区では、阿呆の様に長蛇の列を作ってまで美味しいらーめんを食べたいのが日本人である。

そんな日本人の一人として、以前からやってみたいと思っていたのが俺らーめんである。

幾度も美味しいと噂されるらーめん屋を訪れたが、あの夏の日の思い出の様に美化されたらーめんの味を越えるらーめん様に出会う事は無かった。噂の店のらーめんは確かに美味しい。しかし、何かが足りないのだ。

男は、その何かを求め、己のらーめんを作ることを決意したのであった・・・。

[]和風塩らーめん

らーめんを作ると言っても、麺の作り方なんて全く知らないので、麺はインスタント麺を使うことにして、らーめんの命と言えるスープを全力を注いで作ることにしました。

らーめんと言えば、塩、醤油、みそ、豚骨など色々あるが、僕は塩が一番好きなので、塩味を利かせたスープを作る事にします。ベースには鶏がらを使おうと思ったのですが、生憎鶏がらスープの素を切らしていたので、ここは思い切って昆布とかつお出しの素を使って、和風塩らーめんにすることにしました。

f:id:tomoya:20050702014800:image:w350

先ず、鍋に大目の水を張り、出し昆布を入れて中火で温めます。その間に、玉葱を微塵切りにして、オリーブオイルをしいたフライパンで弱火で炒めます。

玉葱の色が変わってきたら、豚肉を入れて塩で味をつけながら更に炒めます。ここで、余っていた辛子明太子を見つけたので、思い切って一緒に炒めることにしました。全体に火が通ったのを確認して火を消します。

水が沸騰してしばらくすると、昆布を取り出して、市販されているかつお出しの素を適量入れます。そして、フライパンで炒めた玉葱と豚肉も鍋に入れて、弱火でじっくり煮込みます。

f:id:tomoya:20050702020902:image:w350

ある程度煮込んだら、味見をしながら塩を入れていきます。このときの塩を入れすぎないように注意します。軽く胡椒も入れて、よい味になったと思ったらスープをザルでこします。

f:id:tomoya:20050702021342:image:w350

そして、インスタント麺を茹でている間に鉢にスープを入れ、茹で上がった麺を入れてネギメンマを入れて完成です。普通ですが、個人的にはとても美しく見えます。

f:id:tomoya:20050702021621:image:w350

今回はさっぱり食べる為に、チャーシューや、卵は無しです。

最後にスープを取ったカスをアップでご覧入れましょう。

f:id:tomoya:20050702021657:image:w350

玉葱と豚肉と明太子だけなのが良く分かります。

[]らーめんに足りなかったもの。

自ら作ったらーめんを食べて、今まで多くのらーめんを食べてきて足りなかったものが分かった気がする。

初めて自分で作ったらーめん。その味は、なんとなく平凡でありながら、その実、食べれば食べるほど深い味になって行き、最後のスープを飲み干したとき、俺が求めていたのはこの味だったのだと知ったのだ。

今までのらーめんに足りなかったもの、それは己の汗だったのです。

つまり、安易な気持ちでらーめんを食べに行って、本当に己が求めた味が得られるほどらーめんは甘いものでは無かったのだ。

求め行く夢幻が味のらーめんは、己が手にて作るものなり。

phapha2005/07/02 23:01俺は普段はあまりらーめんを食べないのだけど、これを読んでたらすごく美味しそうだった。いいなー。こういう具材が少なくてシンプルだけど美味しいラーメンを400円くらいで食べられる店が近所にあったらたまに行くのにな。

tomoyatomoya2005/07/05 21:11周辺に友達の親が営んでいる中華料理店で凄くさっぱりして美味しい中華麺が450円で食べれます。他の料理も美味しいし、いい店です。
もし、こちらに来られたときはぜひ紹介しますよ。